Rela Play 4K > ヘルプ
●現在、開発中のため、 ブラウザは「chrome」 でのみ動作確認しています。

■[オンライン音声プレーヤー]Rela Play K の使い方

【ブラウザ】「chrome」最新バージョンでご利用下さい。


【音声再生】(音声ファイルの再生・設定) ※サンプル音声ファイルダウンロード
  1. パソコンの音声ファイル(mp3,m4a,3gp,wavなど)を音声再生部分にドラッグ&ドロップします。
  2. 「ファイルを選択」ボタンからも音声ファイルを指定できます。
  3. 再生と停止は、再生(停止)ボタン、あるいはキーボードの「Pause Break」キー(ファンクションキー)で交互に動作します。
  4. 巻戻し[一定時間戻って再生]は、「巻戻し」ボタン、あるいはキーボードの「F2」か、「Scroll Lock」キー(ファンクションキー)で動作します。
  5. 巻戻しは「F2」か、「Scroll Lock」に設定した、USBフットペダルからも操作できます。
  6. 巻戻し時間が5sec(初期値)の場合、5sec~10secの間で、実際の巻戻し時間は変動します。
    これは、音声の切れ目を自動的に検知して、巻戻しをすることで、聞きやすくするためです。
  7. 「繰り返しON」では、巻戻しと再生を自動的に繰り返します。
    (巻戻し時間が5秒の場合:10秒再生後、5秒巻戻しします。)
  8. 「再生速度」、「巻戻し時間」のスライダーボタンで、初期設定値を変更できます。
  9. 再生中の音声の音質を調整をする場合は、Chrome拡張機能「Audio EQ」(無料)をインストールして下さい。 ※「Audio EQ」の紹介サイトAudio EQ - Chrome ウェブストア

【表記モニター】(入力したテキストの表記を、即チェック)
  1. Enterキーで改行した時、その前の140文字の表記をチェックして、ハイライト表示します。
  2. 入力した文字を選択した時、選択範囲の表記をチェックして、ハイライト表示します。
  3. ハイライト表示された文字にマウスを置くと、その正表記と参照表記をポップアップで表示します。
  4. ハイライト表示された文字をマウスでクリックすると、ダイアログで正表記に置換します。(これは、まだ未完成です。)

【辞書検索】(検索ボタン(あ~わ)で、別ウィンドウに辞書を表示)
  1. [あ~わ]、[数~記]をクリックすると、対応した辞書(日本マスコミ表記辞書)が開きます。
  2. [辞書検索]に入力後、「検索」ボタンをクリックすると、入力した文字と一致した辞書が表示されます。

【音声ファイル】(保存されたファイル名)
  1. 最初に起動した画面で、前回保存された時の音声ファイル名を表示します。

【再生位置】(現在の再生位置/録音時間)
  1. 現在の再生位置は、音声を停止した時に、更新されます。
  2. テキストを任意の位置でクリックすると、現在の文字位置に対応したおおよその再生時間に自動で移動します。

【文字位置】(現在の文字位置/入力した文字数)
  1. テキストのカーソルの文字位置を先頭からの文字数で表示します。

【文字入力】(テキストファイルの貼り付け・入力)
  1. 新規に文字入力をする場合は、入力画面に直接文字を入力します。
  2. 他のファイルから文字を貼り付けるには、入力画面で右クリック後、「貼り付け」を選択します。

【誤表記チェック】(入力したテキストの誤表記を自動でチェック)
  1. 入力、あるいは貼り付けしたテキストを指定辞書(日本マスコミ表記辞書)から誤表記をチェックします。
  2. 【誤表記チェック結果】が別ウィンドウで表示されます。(誤表記の列の「赤色」は3文字以上の単語、「黄色」は2文字以下)
  3. 誤表記文字をクリックすると、「参照表記」(用例、使い方)がその下の列に表示されます。
  4. 1回でチェックできる最大文字数は、30,000文字(20ページ:35文字/40行)までです。最大文字数を超過する場合は、分割して下さい。

【テキスト保存】(入力したテキストの保存)
  1. Windows7 の場合、テキストファイルの保存先は「ダウンロード」フォルダになります。

[推奨ブラウザ:chrome]